お知らせ News

2021.04.04 レッスン動画

グリップの握り方徹底解説!変なクセ…ついてませんか?

こんにちは!

T-Lagoon Golf Studioフロントの鈴木です!

さて今回は、グリップ編!

グリップ編ということでバシバシ握り方を解説していく!…わけではなく、

今回はグリップの要点だけをまとめ、
練習するときや、ラウンドで実際にショットをする前に出来るルーティーンを作っていくようなレッスン動画です。

以前にもグリップに関する記事をUpしていますので、細かいグリップの握り方から見直したい方はそちらの記事から読んでみてください!

【初心者必見!】意外と知らないゴルフクラブの正しいグリップの握り方教えます。<動画付き>

グリップはゴルフのスイングの基本のキです。非常に重要です。

グリップをなおすだけでスライスが直ったり、ミート率が上がることは多々あります。
アマチュアの方々はスイングでどうにか直そうとしがちですが、根本に原因があることが多いです。

この機会に是非自分のグリップが正しく握れているのかを確認しましょう!

LESSON

今回の動画は初心者の皆さんに向けて!…ですが、中級者以上の方も是非確認してください。
ショットの悪さの原因はグリップにあるかもしれません。

初心者の方が一番悩んでしまうポイント…それは

グリップの握り方

です。もちろん他にもたくさんあると思いますが、最初は握り方がわからないことから始まると思います。

この問題を一発解決します!

正しく説明すると長ったらしくなるので、おおよそみんなが悩んでいることである

「どうやって握ればいいのか」「本当にこれでいいのかな?」「向きはこれでいいのかな」などわからなくなってしまうことをビシッと解説することを2つご紹介!

の前に…

順番を決めてグリップを握ると毎回同じグリップになりやすいです。
自分の順番を決めて(自分のルーティーンを作って)グリップ、スイングすることでミスを減らせる可能性が上がってきます。

それを意識しながら二つのポイントを押さえていきましょう!

一つ目:向き

まずグリップ、ショットにおいて大事なことはクラブのフェイスの向きです。

これがターゲット方向に対して、まっすぐになっていることが非常に重要で、左右に向いていれば打ち出しは向いている方向に飛んでいきます。

これをグリップにおいて考えると、そのときにどの向きでグリップを握るのかが大事になってきます。

ゴルフ場の練習に行ったときにマットがあると思いますのでそれを使って確認していきましょう!

① マットの横(後ろ)にまっすぐ立つ

② クラブのフェイス面の一番下(リーディングエッジと言います)をマットの横にピタッとつける

そうすると、この段階で自分の体とクラブのフェイスが目標に対してまっすぐ立っているということが確認できます。

③ グリップを体の真横に置く

真横に置くことで、手のひらの向きが自然とグリップを握る向きになります。

人間は力を抜いてリラックスして立っているときは、基本的には手のひらはまっすぐではなく少し内側を向くので、その向きを利用してあげることでグリップの向きがわかりやすくなります!

そうすると自然と真ん中よりも若干右側に親指が乗っている形でグリップの上にストレートに乗っているようになると思います。

ここがポイント!

上に乗せることだけ意識すると、グリップの向きに対して真上に握ってしまう人がいますが、これだとスライス(右に曲がっていく球)が出がちになってしまいます。

基本的には真ん中より少し右側に来るように握るといいです。

これが左手の基準。

この3つだけで左手のグリップが作れます!

後はこれに合わせて右手の中指と薬指を折って、右手をグリップの下側に入れて少し指先のところにクラブが乗るようなイメージで

それをスライドさせて左手の親指を右手で包み込んで余った小指は左手の上にのせておく。

この時に左の人差し指と絡ませてもいいですが、絡ませることを意識しすぎるとどんどん右手が深く入ってしまい、ボールが左に出やすくなってしまいますので注意!

右手の向きは、親指と人差し指のところでV字の線ができますが、この延長線上に右の首筋あたりに向いていることを確認しましょう!

まとめると

フェイス位置と平行の確認

親指を中央右寄りで握る

右手を滑らせるように添える

左の親指を右手で包み込む

V字が右の首筋に向くことを確認

これが握り方一つ目です!

二つ目:クラブをまっすぐに持つ

クラブをまっすぐに持つことがすごくグリップにおいては重要となります。

練習場で練習をするときは基本的にマットに対して平行に立ちますが、

この時にクラブも自分、目標に対して平行に持ってみましょう。

この時にクラブのフェイスが上を向いていたり、下を向いていたりしないように

まっすぐ直角に上に向くように握ります。

そしたら大体自分の顎の下あたりでグリップを握ります。

この時に親指が真上ではなく、少し自分の方に向くように握ります。

グローブのマークが少し自分から見えるくらいですね。

手の握る位置ですが、初心者の方は手のひらで握りがちですが、なるべく指先に近いところで握るようにしてください。

そうするとちょうど親指の位置も真ん中より少し自分側に向いてくるようになってきます!

これで左手の握り方はOK

いつもより指先で握ることを意識!

イメージ的には鉄棒にぶら下がるようなイメージをしてみてください。

その時は手のひらではなく、指先で引っかかるように握りますよね

これが一番力を抜いて力が伝わる握り方になりますので、このイメージで握りましょう!

そこから右手はいつも通り、中指と薬指をコの字に曲げ、下から入れてじぶんのほうに滑らせて

左手の親指を包むように握り、余った小指は左手に添えておきます

この時の注意点は右手の親指と人差し指でできたV字の線が自分の右の首筋に向くようにする

これでグリップは迷うことなし!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は練習場でもすぐにできるようなグリップの確認でした。

初心者の方はもちろん、中級者の方も自分のグリップに変なクセがついていないか、この動画、記事を参考に確認してみてください!

これを意識すると最初のうちはすごく違和感があると思いますが、それが正しいグリップのときのスイングです。

その違和感に慣れるまで練習しましょう!

もっと具体的に!0から知りたいんだという方はこちらの記事を参考にしてみてください!

【初心者必見!】意外と知らないゴルフクラブの正しいグリップの握り方教えます。<動画付き>

よかったなと思ったらチャンネル登録お願いします!

スタジオでは体験レッスン大募集中です!

まったくやった事が無い方、100が切れない方、70台を目指したい方など様々なお客様をお待ちしております!

体験レッスン申し込みはこちらから

お問い合わせ

この記事をシェアする

無料体験レッスンに申し込む 無料体験レッスンに申し込む
無料体験レッスンに申し込む
page top
  • callaway
  • odyssey
  • UST mamiya